sign.png

6つのガイドライン

 Pauline Boss博士は、支援者が行う介入のガイドラインとして、以下の6つを挙げました。
 この6つのガイドラインは、直線的なものではなく、行きつ戻りつしながら円環的に進みます。この6つのガイドラインについては、平成27年春に刊行された「Boss博士の翻訳書①」の中で詳しく説明されています。

あいまいな喪失:新6つのガイドライン(図).jpg

1.意味を見つける

<そのために役立つこと>
・困った状況に「あいまいな喪失」という名前をつけてみる
・家族や仲間と、起こったことをどう対処しているのか話し合ってみる
・隠し事をしない    など

2.支配感を調節する

<そのために役立つこと>
・世の中はいつも公平ではないことを認める
・全ての原因は、自分や家族ではなく、あいまいな状況のために起こっていることを知る
・背負っている自責の念を軽減する
・うつ的になったとしても、原因はあいまいな状況にあり、その人の責任ではないことを知る        など

3.アイデンティティを再構築する

<そのために役立つこと>
・コミュニティの中で「心の家族(家族のように思える人)」を見つける
・家族の中で誰がどのような役割をとるのか、柔軟に考える
・孤立しない
・面目などの社会的な規定に過度にとらわれない       など

4.両値的な感情をノーマライズする

<そのために役立つこと>
・罪悪感や恥、怒りの感情をもつことは、あたりまえのことであると認識する
・その感情を、仲間や信頼できる人と話し合ってみる
・家族や仲間との間で「話し合いはしないというルール」を作らない   など

5.新しい愛着の形を見つける

<そのために役立つこと>
・いなくなった家族や家・故郷は心の中に存在するが、以前のままではないということを認める
・失ったものを悼み、まだあるものに対しては祝福する
・新たな人との絆を見つける           など

6.希望を見出す

<そのために役立つこと>
・あいまいさに対して楽に対応できるようにする
・答えのない問いを受けとめる
・物事が思うように進まなくても、人生をコントロールできる感じをつかむ
・失敗しても大丈夫と思える          など

コンテンツ

支援者や専門家の方へ
支援を始める前に
情報提供・心理教育
家族療法
ジェノグラムの活用
6つのガイドライン
ピアサポート
9.11における支援
親族や友人による支援
関連和文献
Pauline Boss博士研修会資料