sign.png

家族療法


 「さよならのない別れ」であっても「別れのないさよなら」であっても、家族は喪失の状況のあいまいさに非常に苦しみます。喪失の受けとめ方は家族ひとりひとりによっても異なるため、家族の中でその喪失の話題が避けられ、お互いをサポートすることを困難にします。

 家族の皆が深い悲しみをもっているのにもかかわらず、ある人はお風呂で泣き、ある人は寝室でひとりで泣いています。家族がばらばらになってしまう状態です。結果的に、この家族機能の低下は、家族ひとりひとりの悲嘆を凍結させてしまいます。家族の中でも孤独で、孤立してしまう状態が回復を一層進みにくくするとPauline Boss博士は述べています。

 Pauline Boss博士は、あいまいな喪失を「家族療法」の立場から支援します。「あいまいな喪失」によってその家族にどのような変化が生じたのか、今の家族の機能はどうか、喪失によって家族ひとりひとりの役割がどのように変化したのか、家族の日常生活や慶弔事などの取り決めはどのようになされているのか、これらの事を家族一緒の場で話し合い、家族としてこれからどのように生きていくかを支援します。

 個人ではなく家族全体に働きかける「家族療法」という方法が、PLANT_001.jpg
「あいまいな喪失」の支援には極めて有効なのです。





コンテンツ

支援者や専門家の方へ
支援を始める前に
情報提供・心理教育
家族療法
ジェノグラムの活用
6つのガイドライン
ピアサポート
9.11における支援
親族や友人による支援
関連和文献
Pauline Boss博士研修会資料