sign.png

親族や友人による支援

 家族や親族、友人などによるサポートは、最も大切な支援の一つです。なぜなら、その人たちは家族の苦しみをよく知り、その人たちが今ここにいない大切な方をどんなに大切に思っているかを知る人だからです。

 家族の方たちに何と言葉をかけたら良いのかわからないかもしれません。また悲しい顔や苦しんでいる姿を見ると自分も悲しくなるので、できるだけ触れたくないと思うこともあるでしょう。しかし多くの場合、何も言わなかったり、その話題を避けるよりは「自分も悲しく、とても残念に思っている」ということを、その人に伝えるほうが良いのです。


 悲しみを取り去ることはできませんが、その人たちが話したいと思う時に耳を傾けたり実際に困っていることに対し援助することによって、あなたはその人を支えることができます。
PLANT_006.jpg
 支援に入る前にあいまいな喪失について少し知っておくほうが、心の準備ができるかもしれません。
あいまいな喪失とは」のコーナーを一度ご覧下さい。

支援のためのいくつかの方法

1.ただそばにいること

 その人が「あいまいな喪失」に折り合いをつけるには、時間が必要です。その期間は本当に苦しいものです。その人に尋ねて、一緒にいてほしいと言われたら、ただ何も言わずにそばにいることが助けになることが多いものです。

b_simple_32_2M.jpg

2.聴くこと

 耳を傾けてくれる人に話をすることは、大きな助けになります。悲しみや怒りや苦しさなど、自由に感情を表現することで、苦悩を和らげることができます。ただし、話をすることがつらい時もあります。そのような時は、無理に聞かないようにしましょう。

 喪失との向き合い方は、人によって異なります。どのように悲しみと折り合いをつけていくかも、その人が答えを持っています。特に「あいまいな喪失」では、その人なりの折り合いのつけ方があって、まったく構わないのです。たとえ自分とは違う思いや考えであっても、話の中で出てくるその人の考え方や答えを尊重しましょう。

b_simple_32_2M.jpg

3.今はいないその方を、家族と共に尊重する

 家族にとって、今もその方が大切な家族であることに変わりはありません。家族の方と一緒にその方のお誕生日にお祝いをしたり、その方のために集まる機会をもったりすることが、大きな支えになることがあります。そのような周りからのサポートを通して、「その方」や「自分たち」が尊重されていると感じることができるのです。

b_simple_32_2M.jpg

4.ほかに助けになること

 その人は起こったことについて、何度も何度も繰り返し考えているかもしれません。それは、この状況に折り合いをつけていく過程では正常なことです。同じ話をする中で、その人は心の整理をつけていくことも多いのです。

 その人に自分自身の体を大事にするように伝えて下さい。十分に食べ、必要な休息をとり、もし健康上の心配があるならば受診するように話して下さい。可能であれば、そのために手伝えることを話し合って下さい。

コンテンツ

支援者や専門家の方へ
支援を始める前に
情報提供・心理教育
家族療法
ジェノグラムの活用
6つのガイドライン
ピアサポート
9.11における支援
親族や友人による支援
関連和文献
Pauline Boss博士研修会資料