sign.png

ジェノグラムの活用

ジェノグラムは多世代家族構成図とも呼ばれ、家族メンバーの構成を描き、関係性を図式化するものです。Pauline Boss博士は、あいまいな喪失を経験している家族を理解し、見立てを行う時に活用することを勧めています。

災害の起こった時点を起点として前後の二つのジェノグラムを作成し比較すると、家族のなかで起こった変化が見えてきます。災害前後で同居家族が変わったのか、役割に変化があるのかなどが浮き彫りにされます。
 たとえば図1は架空の事例で、災害前の父・母・長女・長男の4人家族のジェノグラムを表しています。

ジェノグラムの活用1.PNG

 図2のように災害で母親が行方不明になった時、一番上の長女(姉)が母親の役割をとって家族の窮地を救うことがあります。そのような状態が長期的に続く場合、きょうだい関係や親子関係など家族全体への影響を考えてみる必要がでてきます。

ジェノグラムの活用2.PNG

 ジェノグラムを描き、家族全体を一単位としてとらえてみると、姉が頑張っている影で他の家族メンバー(たとえば弟)に問題行動がみえることがあります。その弟を個人の視点から捉えると、「問題を抱えた子ども」と見られがちですが、ジェノグラムを比較すると、災害の発生によって大きく変化した家族・きょうだい関係や相互の役割と、深く関連していることが見えてきます。

 たとえば、仲がよかった姉が災害後、突然親のように命令口調で接してくることに、弟は反発しているのかもしれません。母親の行方不明に戸惑い、心細い思いを語れるはずの姉とのきょうだい関係を失った弟は、問題行動をいう形でグリーフを表現しているかもしれません。さらに数か月経つと、父親が弟の問題行動への対処に直接関わりだし、そのことで姉の親役割に変化が見られるかもしれません。弟の問題行動を発端に、家族関係を少しずつ変化させていく過程は、その家族のレジリエンスともいえます。

 このようにあいまいな喪失を体験している家族のジェノグラムを見ていくと、家族の発達段階を視野にいれて、その家族のもつ回復力・レジリエンスに注目しながら、支援を考えることができます。

コンテンツ

支援者や専門家の方へ
支援を始める前に
情報提供・心理教育
家族療法
ジェノグラムの活用
6つのガイドライン
ピアサポート
9.11における支援
親族や友人による支援
関連和文献
Pauline Boss博士研修会資料