sign.png

Pauline Boss博士について

ミネソタ大学家族社会学の名誉教授であるPauline Boss博士は、長年、家族ストレス論について学際的研究を行ってきたパイオニア的存在です。

 30年以上、 家族療法と家族社会心理学に基づいて独自の家族理論を展開してきました。「あいまいな喪失(ambiguous loss)」は、博士自身の体験から提唱した理論で、その理論の構築と数多くの家族療法の実践は博士の最も重要な功績の1つであり、高い評価を受けています。



boss.jpg

博士の著書や文献の一覧

•Boss, P. (2006). Loss, trauma, and resilience: Therapeutic work with ambiguous loss. New York: Norton.
(邦訳:「あいまいな喪失とトラウマからの回復~家族とコミュニティのレジリエンス~ 中島聡美・石井千賀子(監訳).誠信書房)

•Boss, P. (1999/2000-paperback). Ambiguous loss: Learning to live with unresolved grief. Cambridge, MA: Harvard University Press.
(邦訳:「さよなら」のない別れ、別れのない「さよなら」 南山浩二(訳).学文社)

•Boss, P. (2004). Ambiguous loss research, theory, and practice: Reflections after 9/11. Journal of Marriage & Family, 66(3), 551-566.
•Boss, P. (2011). Loving Someone Who Has Dementia. How to Find Hope While Coping With Stress and Grief. San Francisco, CA: Jossey-Bass/Wiley.

•Boss, P., Beaulieu, L., Wieling, E., Turner, W., & LaCruz, S. (2003). Healing loss, ambiguity, and trauma: A community-based intervention with families of union workers missing after the 9/11 attack in New York City. Journal of Marital & Family Therapy, 29(4), 455-467.  など

コンテンツ

あいまいな喪失 トップ
あいまいな喪失とは
Pauline Boss博士について
あいまいな喪失の二つのタイプ
あいまいな喪失による影響
アンビバレントな思考について
あいまいな喪失への対処