sign.png

「あいまいな喪失」による影響

1.一般的影響

•個人や人との関係性を停止させてしまう

•何かを決める時に混乱が生じ、決定を困難にする

•悲嘆が凍結してしまう

•白黒をはっきりつけたくなるaz_edited-1.jpg

•夢の中に答えを見つけようとすることが増える

2.個人への影響

•悲嘆(喪失の悲しみ)が複雑化したり、凍結したりする

•抑うつ的になる

•不安やストレス、ストレスに関連した病気が増える

•心に深い傷をつくる

•アンビバレントな感情や罪責感、恥などの気持ちが強くなる

•無力感を感じる

•意思決定が難しくなる

•薬物やアルコールに頼ったり、自分や他者を傷つける危険性が増える


3.(家族の、コミュニティとの)関係性への影響

•家族メンバーひといひとりを動けなくする

•家族の中で会話が減る、気持ちを共有することが少なくなる

•家族をとりまくコミュニティの人たちが離れていく

•何か決めなくてならない時も、判断が差し控えられる

•役割が不明確なままになる

•お互いの関係性の境界があいまいになる

•お祝いごとや儀式、家族旅行などをやめてしまう

•家族やコミュニティの人たちとの間に葛藤が生じ、
  しばしば離れてしまう

*アンビバレントとは
 全く相反する感情をもつこと。あの人はいない、いやきっといる、といったような両方の気持ちを持つことをさし、意識的・無意識的に葛藤状態に陥ることが多く、心の問題を理解する上で重要な概念となっている。(次のコーナーを参照)

コンテンツ

あいまいな喪失 トップ
あいまいな喪失とは
Pauline Boss博士について
あいまいな喪失の二つのタイプ
あいまいな喪失による影響
アンビバレントな思考について
あいまいな喪失への対処