sign.png

バックナンバー(支援者・専門家向け)

2013.12/14 

連続講座「哀しみに寄りそい ともに生きる」 第4回講演会

日時
2013年12月14日(土) 14~16時(2時間)
会場
世田谷区立男女共同参画センターらぷらす(下北沢駅が最寄り)
講師
石井千賀子
(ルーテル学院大学・東京女子大学大学院、TELLカウンセリング)
定員
80名
演題
『さよなら』のない別れ 別れのない『さよなら』
参加費
無料(手話通訳ノートテイクつき)
申し込み方法
griefsetagaya@yahoo.co.jpまで下記情報をメールでご連絡ください。
・お名前/連絡先(メールアドレス)/所属(もしあれば)
・必要なサポートの有無(視覚障害、聴覚障害、身体障害などに伴う支援)など下記の専用フォームからお申込み下さい。
主催
グリーフサポートせたがや
後援
世田谷区
協力
就労継続支援B型 ハーモニー
(東京ボランティア市民活動センター ゆめ応援ファンド助成金援助を受けています)

2013.10/4

「あいまいな喪失(ambiguous loss)」研修会

日時
2013年10月4日(金) 16~18時(2時間)
会場
福島大学総合教育センター2階 特別教室
住所 〒960-1248 福島市金谷川1番地
講師
石井千賀子(ルーテル学院大学・東京女子大学 講師)
黒川雅代子(龍谷大学短期大学部 准教授)
瀬藤乃理子(甲南女子大学 准教授)
中島聡美(国立精神・神経医療研究センター 犯罪被害者等支援室長)
生島浩(福島大学大学院人間発達文化研究科 教授)
定員
70名
・応募者多数の場合は、被災地の方が優先になります。
対象
医療・心理・福祉・教育の専門職、被災者・被害者支援に関わる専門家などで、昨年度のPauline Boss博士の研修会を受講していない方
10月5日のPauline Boss博士のスカイプ事例検討会にご参加する場合、昨年度の仙台・福島の研修会の参加、又はこの研修会の参加が受講条件になりますので、ご注意下さい。
内容
あいまいな喪失理論の講義・演習
資料代
1000円
申し込み方法
下記の専用フォームからお申込み下さい。
申し込み締め切り
9月5日(木)
締切以降も、席に余裕があれば順次受付いたします。
受講の有無につきましては、9月9日以降にご連絡いたします。
現在も申し込みを受け付けしております。お早目にお申込み下さい。
問い合わせ
龍谷大学短期大学部 黒川雅代子 dr.boss@human.ryukoku.ac.jp
主催
JDGS(Japan Disaster Grief Support) プロジェクト
共催
福島大学人間発達文化人類学生島研究室、 ふくしま心のケアセンター
後援
ふくしま被害者支援センター

2013.10/5

Pauline Boss博士スカイプによる事例検討会

日時
2013年10月5日(土) 9~12時(3時間)
会場
福島大学人間発達文化学類棟 弟10演習
遠隔授業室(スカイプ中継会場)
福島大学人間発達文化学類棟 M棟3階
AV教室(スカイプ映像を視聴)
住所
〒960-1248 福島市金谷川1番地
講師
Pauline Boss博士(ミネソタ大学名誉教授)
定員
100名
・応募者多数の場合は、被災地の方が優先になります。
・教室の収容定員の関係上、M棟3階:AV教室で視聴して頂く方が
多くなります。
対象
医療・心理・福祉・教育の専門職、被災者・被害者支援に関わる専門家などで、昨年度のPauline Boss博士の来日研修会、又は10月4日の研修会を受講された方
このスカイプ事例検討会にご参加する場合、昨年度の仙台・福島の研修会、または前日研修会の参加が受講条件になりますので、ご注意下さい。
内容
行方不明者の家族、故郷を失っている方の支援に関する事例検討会
(スカイプでPauline Boss博士から直接ご指導頂きます。)
受講料
無料
申し込み方法
下記の専用フォームからお申込み下さい。
申し込み締め切り
9月5日(木)
締切以降も、席に余裕があれば順次受付いたします。
受講の有無につきましては、9月9日以降にご連絡いたします。
現在も申し込みを受け付けしております。お早目にお申込み下さい。
問い合わせ
龍谷大学短期大学部 黒川雅代子 dr.boss@human.ryukoku.ac.jp
主催
JDGS(Japan Disaster Grief Support) プロジェクト
共催
福島大学人間発達文化人類学生島研究室、 ふくしま心のケアセンター
後援
ふくしま被害者支援センター

2013年 8/30~8/31 

第2回悲嘆講座

日時
2013年8月30日(金)~8月31日(土)
初日10:00~17:30 2日目9:30~16:30 (予定)
8月31日の夜、会場周辺での懇親会を予定しております
1日のみの参加も可能となりました。
(1日のみでも受講料は3000円となります。)
会場
仙台市市民活動サポートセンター
住所:仙台市青葉区1番町4-1-3
対象
保健・医療・教育・心理・福祉等の専門職の方
遺族支援・被災者支援を継続的におこなっている団体・行政の方など
参加費
3,000円(事前振込)
定員
70名
内容と講師
8月30日
「中長期における災害後の遺族支援」
黒川雅代子(龍谷大学短期大学部)
「喪失をかかえる家族の中の子どもたち」
高橋聡美(つくば国際大学)
「遺族からのお話」
「自分の経験を振り返るワーク」
米虫圭子(京都産業大学)
8月31日
「災害によるトラウマとそのケア:PTSDと複雑性悲嘆」
中島聡美(国立精神・神経医療研究センター)
「あいまいな喪失をかかえた家族への支援」
石井千賀子(ルーテル学院大学)
「セルフケア・リフレッシュ~共感性疲労への対応~」
瀬藤乃理子(甲南女子大学)
申し込み期間
平成25年7月1日~8月20日
申し込み先
下記までメールまたはFAXでお申込み下さい。
*メールの場合

件名を「悲嘆講座申込」とし、氏名、勤務先、ご職業、連絡先メールアドレス、電話番号、懇親会参加の有無をメール本文に書いて、お申込み下さい。

*FAXの場合

下記の申し込み用紙にご記入の上、お申込み下さい。

NPO法人 仙台グリーフケア研究会事務局

メール griefoffice@gmail.com

電話  070-5548-2186

FAX  022-214-7706

*ダウンロードできる申し込み用紙はPDF版のため、上書きすることができません。そのため、メール添付をご希望の方は、ワード版の申し込み用紙をお送りしますので、事務局までメールでご連絡下さい。

2013年 9/1 

支援のためのコミュニケーション講座

日時
2013年9月1日(日)  13:00~17:00(予定)
会場
仙台市市民活動サポートセンター (第2回悲嘆講座と同じ会場です)
住所:仙台市青葉区1番町4-1-3
対象
遺贈支援・被災者支援に関わっている方、今後関わろうと思っている方
参加費
2,000円(事前振込)
定員
40名
講師
伊藤正哉(国立精神・神経医療研究センター)
内容
基本的な共感や関係作りのためのスキルトレーニング
(初心者向け)
申し込み期間
平成25年7月1日~8月20日
申し込み先
下記までメールまたはFAXでお申込み下さい。
*メールの場合
件名を「悲嘆講座申込」とし、氏名、勤務先、ご職業、連絡先メールアドレス、電話番号、懇親会参加の有無をメール本文に書いて、お申込み下さい。
*FAXの場合
下記の申し込み用紙にご記入の上、お申込み下さい。
事務局へのお申し込み後、振込先をご連絡いたしますので、受講料3000円をお振込み下さい。
 NPO法人 仙台グリーフケア研究会事務局
      メール griefoffice@gmail.com
      電話  070-5548-2186
      FAX  022-214-7706

*ダウンロードできる申し込み用紙はPDF版のため、上書きすることができません。そのため、メール添付をご希望の方は、ワード版の申し込み用紙をお送りしますので、事務局までメールでご連絡下さい。

2012年 12/1

Pauline Boss博士 「あいまいな喪失(ambiguous loss)」講演会

日時
2012年12月1日(土) 13:30~16:30
会場
コラッセふくしま  401会議室
福島市三河南町1-20 電話024-525-4089
対象
教育・心理・福祉・医療・看護など支援に関わる方、大学院生
参加費
無料(別途資料代1000円)
お申込み方法
福島大学大学院人間発達文化研究科 生島 浩研究室 まで、名前・所属・連絡先をFAXしてください
FAX:024-548-5172

*Pauline Boss博士のワークショップは、12月3日のタブをクリックしてご覧ください。
*福島の講演会のお申込みの受付は終了いたしました。たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

2012年 12/3

Pauline Boss博士 「あいまいな喪失(ambiguous loss)」ワークショップ

日時
2012年12月3日(月) 9:30~12:30、 13:30~16:30
月 日夜、  駅周辺での懇親会を予定しております
会場
東京エレクトロンホール宮城 601会議室
仙台市国分町3-3-7 電話022-225-8641
対象
行方不明者家族の支援に関心のある医療・心理・福祉専門職、支援に携わる専門家など
参加費
3000円
定員
100名。
(申し込み多数の場合は、被災地の方を優先させて頂きます)
受講の有無については、11月初旬にご連絡させて頂きます。
お問い合わせ
龍谷大学短期大学部 黒川雅代子 boss_workshop@human.ryukoku.ac.jp にメールでお問い合わせください。

*Pauline Boss博士の講演会は、12月1日のタブをクリックしてご覧ください。
*仙台のWSのお申込みの受付は終了いたしました。たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

2012年 9月~12

仙台グリーフケア研究会・JDGSプロジェクト主催 5回連続 悲嘆講座
「悲嘆(グリーフ)」に寄り添う上で必要な事柄を学ぶことができる悲嘆のケアに熟知した専門家による5回の連続講座です。

日時・研修内容
以下表のとおり
会場
仙台市シルバーセンター 第1研修室(JR仙台駅から徒歩7分) 宮城県仙台市青葉区花京院1-3-2
TEL:022-215-3191
参加費
無料
対象
被災者やご遺族の支援に携わっている方、ご遺族のケアに関心のある方、学生も可
お申し込み
事前にメールまたはお電話でお申込み下さい。(氏名、連絡先、希望日、ご職業等をお知らせ下さい)
仙台グリーフケア研究会
E-mai:griefoffice@gmail.com
TEL:070-5548-2186
研修会終了後、ご希望の方には講師を交えた簡単な懇親会がございます。

1回目のみ、2回目のみ、といった参加も可能です

2012年 2/10

ワークショップ
「予期せぬ、突然の死を経験した子どもとその家族を、いかに支えるか」

日時
2012年2月10日(金) 17:30~20:30
講師
ドナ・シャーマン(ダギーセンター所長)
対象
教員、保育士、カウンセラー、看護師など対人援助に関わっている人
場所
飯田橋レインボービル会議室
定員
40名
参加費
5,000円
問い合わせ・申し込み先
NPO法人全国自死遺族総合支援センター
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-1 信幸ビル302
TEL:03-3261-4350 FAX:03-3261-4930
E-mail:office@izoku-center.or.jp

2012年 2/19

講演会 in 石巻
「悲しみの向こうに見えるもの - 希望の芽生え」

日時
2012年2月19日(日) 13:00~16:30
会場
石巻グランドホテル
参加費
無料
定員
100名
プログラム
13:10~14:00 「悲しみと迷いの日々から…」

山形孝夫氏(元宮城学院女子大学学長)

14:00~14:20 「大切な存在を失った子どもへのサポート」

西田正弘氏(東日本大震災中央子ども支援センターアドバイザー)

- 休憩 -
14:30~15:20 「悲しみを通して見えること - 『ちいさな風の会』(子どもを亡くした親の会)25年の実践を中心に」

若林一美氏(立教女学院短期大学大学長、ちいさな風の会の世話人)

15:30~16:30 講師を囲んで「わかちあい」「交流」の時間を持ちます。
問い合わせ・申し込み先
仙台グリーフケア研究会事務局
TEL:070-5548-2186 FAX:022-369-8012
E-mail:griefoffice@gmail.com

2012年 4/21・4/21~4/22

仙台グリーフケア研究会
「震災で大切な人を亡くした人をサポートする~悲嘆と向き合うこと支えること~」基調講演

日時
2012年4月21日(土) 10:00~12:00
会場
仙台青葉短期大学
対象
大切な方を亡くされた方
グリーフケアに関心のある方
参加費
無料
定員
100名
講師
高橋聡美(つくば国際大学看護学科 教授)
問い合わせ・申し込み先
仙台グリーフケア研究会事務局
TEL:080-1833-6570
E-mail:sendaiguriken@gmail.com
携帯mail:sendaiguriken@docomo.ne.jp

ファシリテーター養成講座を受講される方は、必ず聴講して下さい。

仙台グリーフケア研究会
ファシリテーター養成講座

日時
2012年4月21日(土) 13:00~17:00
2012年4月22日(日) 11:00~16:00
会場
仙台青葉短期大学
対象
東北在住で、遺児・遺族のサポート等の活動に参加できる方
参加費
無料
定員
50名
講師
高橋聡美(つくば国際大学看護学科 教授)
西田正弘(元あしなが育英会 あしながレインボーハウス チーフディレクター/東日本大震災中央子ども支援センター 外部アドバイザー/「てとてとてとて」代表)
問い合わせ・申し込み先
仙台グリーフケア研究会事務局
TEL:080-1833-6570
E-mail:sendaiguriken@gmail.com
携帯mail:sendaiguriken@docomo.ne.jp

基調講演を受講し、必ず2日間受講して下さい。

2011年 12/23-24

3.11 震災で大切な人を亡くした人をサポートする講演会と
ファシリテーター養成講座(仙台グリーフケア研究会主催)

基調講演
3.11 震災で大切な人を亡くした人をサポートする ~悲嘆と向き合うことを支えること~

日時
2011年12月23日(金) 10:00~12:00
※午後の養成講座を受講される方は必ず聴講して下さい。
講師
高橋聡美先生
仙台青葉学院短期大学精神看護学講師(仙台グリーフケア研究会事務局)
場所
仙台青葉学院短期大学
対象
大切な人を亡くされた方、グリーフケアに関心のある方
定員
100名(申し込み不要、無料)
ファシリテーター養成講座
日時
2011年12月23日(金) 13:00~17:00
2011年12月24日(土) 10:00~15:00
※2日間のプログラムです。
※基調講演を必ず聴講して下さい。
講師
西田正弘先生
子どもと家族のグリーフワークをサポートする「てとてとてとて」代表
仙台グリーフケア研究会スタッフ
場所
仙台青葉学院短期大学
対象
東北圏内在住で、今後、遺児のワンデイプログラムなどのボランティアに参加できる方
定員
50名(申し込み必要、無料)
申し込み
仙台グリーフケア研究会事務局
TEL:070-5548-2186 FAX:022-369-8012
E-mail:griefoffice@gmail.com

コンテンツ

Pauline Boss博士翻訳書

翻訳書①
翻訳書②
翻訳書③

講演会・研修会情報

一般の方向け
支援者・専門家向け
JDGS主催・共催の研修会
あいまいな喪失研修会報告

その他の情報

 東日本大震災の被災者の相談先
リンク