sign.png

JDGS主催・共催の研修会

「あいまいな喪失」事例検討会

 平成30年度の「あいまいな喪失」事例検討会は、多くの方にご参加頂き、盛会に終了いたしました。誠にありがとうございました。

案内チラシは<こちら

日時
2018年10月20日(土) 10:00~16:00
会場
福島大学総合教育研究センター1階 特別教室
(福島県福島市金谷川1番地)
資料代
2,000円
対象
あいまいな喪失の支援に関わっている、あるいは今後関わりたいと考えている専門職・専門家
(保健師、看護師、医師、臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、行政職員等)
定員
70名
申し込み多数の場合は、あいまいな喪失の支援をされている方を優先させて頂きます。
内容
・あいまいな喪失理論講義
・原発事故で他県に避難し帰還困難な家族の事例検討
・認知症家族の事例検討
・グループ・ディスカッション

複数回受講されている方は、講義のあとの事例検討会からのご参加も可能です。

主催
JDGS(Japan Disaster Grief Support)Project
共催
日本家族療法学会
福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室
福島県立医科大学 災害こころの医学講座
後援
ふくしま心のケアセンター
ふくしま被害者支援センター
NPO法人子どもグリーフサポートステーション
NPO法人仙台グリーフケア研究会
申し込み
以下のURLの申し込みフォームからお申し込み下さい。
(URLをクリックすると申し込みページに飛びます)
申し込み期限
9月20日(木)
問い合わせ先
JDGSプロジェクト事務局
福島県立医科大学災害こころの医学講座  瀬藤乃理子
E-mail  jdgs.project@gmail.com

コンテンツ

Pauline Boss博士翻訳書

翻訳書①
翻訳書②
翻訳書③

講演会・研修会情報

一般の方向け
支援者・専門家向け
JDGS主催・共催の研修会
あいまいな喪失研修会報告

その他の情報

 東日本大震災の被災者の相談先
リンク