「あいまいな喪失」の研修会

役立つ情報
福島医学会学術研究集会シンポジウム 新型コロナウイルス感染症パンデミックにおける 「あいまいな喪失」とレジリエンス

 令和4年3月12日に開催しました福島医学会学術研究集会シンポジウム「新型コロナウイルス感染症パンデミックにおける『あいまいな喪失』とレジリエンス」は、お蔭様で盛会に終了いたしました。800名を超える参加申し込みを頂き、ありがとうございました。

___________________________________________________

 

 東日本大震災の後、福島では原発事故によって故郷の町が大きく変わり、多くの人々が「あいまいな喪失」を経験しました。それから10年、今、新型コロナウイルスが世界中で「あいまいな喪失」を引き起こしています。混沌とした多くの喪失感をかかえる中、私たちは希望をどこに見出すのか、あいまいな喪失理論の提唱者であるPauline Boss博士と、日本を代表するノンフィクション作家・柳田邦男氏を迎え、その糸口を探ります。

 

     ちらしはこちらからダウンロードできます → シンポジウムちらし

 

日 時 2022年3月12日(土) 13:00~16:00
形 式 Zoomによるライブ配信 (オンライン開催)
参加費

無料

対 象

一般市民、支援従事者など、どなたでもご参加できます。

定 員

500名 (2021年3月6日まで受付)

内容

座長:福島県立医科大学災害こころの医学講座 主任教授 前田正治 

◆ 話題提供

「あいまいな喪失の理論と介入~災害支援における示唆~」 

           福島県立医科大学災害こころの医学講座  瀬藤乃理子

◆ 特別講演1

「 パンデミック下における『あいまいな喪失』とレジリエンス 」

   インタビュー形式講演(録画・同時通訳付き)

          ミネソタ大学名誉教授  ポーリン・ボス博士

          (通訳)小笠原知子(金沢大学)、石井千賀子(石井家族療法研究室) 

◆ 特別講演2

「『さよなら』なき別れ~問題の深さと問われる死生観~」  

           ノンフィクション作家   柳田邦男氏

◆ 総合討論

主 催 福島医学会
共 催

・一般社団法人日本家族療法学会

・JDGS(Japan Disaster Grief Support)プロジェクト

・文部科学省補助金事業(平成30年度選定)「課題解決型高度医療人材養成プログラム」、東北大学・福島県立医科大学『コンダクター型災害保健医療人材の養成プログラム』市民公開シンポジウム

お申し込み

*申し込みは3月6日をもちまして、終了いたしました。

 多数のお申込みを頂き、ありがとうございました。

お問い合わせ

福島県立医科大学災害こころの医学講座

 電話 024-547-1887   E-mail d-kokoro@fmu.ac.jp